2016年2月16日

トルコリラが余ったけど日本の銀行に貯金できる?

turkey.jpg

旅行等でトルコに行って、
余ったトルコの通貨である「リラ」を銀行に貯金することができるかどうかですが、
結論を言うと可能です。

貯金先は限定されてしまいますが、
手元にある余ったトルコリラを始めとする外国の通貨を
外貨預金として受け付けているネット銀行や都市銀行がいくつかあります。

また、トルコリラは高金利としても有名ですので、
こんな投資法もあります→http://xn--fx-g73a2akk3oukbw.com/

外貨預金は日本の円預金よりも金利が高いので、
余ったトルコリラが多ければそれだけ利息も期待できますし、
日本円のようにある程度まとまった外貨を定期預金にすることも可能です。

気をつけていただきたいのはトルコリラに限ったことではありませんが
外貨預金は元本保証がなく、為替の変動で元本割れを起こす可能性があることと、
換金手数料が高いこと、また現在トルコの政治情勢が混乱しています。

このまま混乱が進んだ場合には、
通貨の価値が下落して、貯金が元本割れを起こす可能性があることです。

銀行によっては、外貨預金の引き出しに時間や手間がかかる場合もあります。

「余ったトルコリラを貯金して、いつかまた外貨で引き出して使おう」と考えている方は、
換金手数料や為替の変動の影響も考えて
「貯金で利益を出す」よりも「安全に預かってもらう」という感覚で貯金した方が良いかもしれません。

トルコ旅行に持って行った方がいいものって?


長期休みの醍醐味、海外旅行。

そこで最近女子の間で人気が上がっている行き先が、トルコです。

しかしハワイやヨーロッパ、東南アジア各国と比べると、
いまいちどんな国なのか分からない、イメージがない、という人も少なくないようです。

そこで、トルコ旅行を決めたら、準備していくと便利な持ち物をしっておくと
現地に着いてから慌てることもなく、安心して旅行を楽しむことができます。

でもまず、トルコは旅行する分でものに不足することはまずないといって良いでしょう。

唯一不便なことは、トルコのお金に両替する時です。
その時かかるのが意外と高い手数料。

この高い手数料を払いたくないという人は、
FX取扱会社で口座開設をしておくというもの。
何と0.2円とか0.3円とかなりやすいです。

そこで、今FXで人気のある業者の順番が知りたいと思うわけですが
それが紹介されているサイトがココなんです。
是非旅行前には口座開設しておきましょう。

トルコは日本と比べてもとても広い国なので、
地域によって特に便利な地域とそうでない場所はありますが、基本的には不便はありません。

そんな中、トルコ旅行でも一番人気の観光スポットと言っても過言ではない、
カッパドキアに行く場合、その際にはぜひ上着を持参したほうがよいです。

真夏の時期でも欠かせません。

それもそのはず、カッパドキアといったら、
「死ぬまでに必ずしたいこと」のひとつにも挙げられるほど人気がある、
早朝の気球ツアーに参加してほしいからです。

朝4時くらいには集合し、日の出を気球に乗りながら見るのがこのツアーの醍醐味です。

そのときは夏真っ盛りの8月であろうと極寒です。
ぜひ持ち物に追加して下さいね。

トルコ 換金のタイミングで得することってある?


トルコの通貨リラを両替する場合どこでするのがお得なのでしょうか。

まず日本国内だと空港などで換金できますが、
その場合現地でのレートより悪いので損です。

そのため日本円を現地で換金した方がレートがよくお得です。

トルコの国内で両替する場合は、空港や一部の高級ホテルなどでも両替できます。

しかし市内の両替所に比べるとレートが悪く損なので、
こうしたところでは市内へ出るためのタクシー代など
最低限のお金を両替するのにとどめておいた方がよいでしょう。

もし空港で換金するのならば、
ATMを利用してクレジットカードのキャッシングを利用して換金する方が、お得です。

短期滞在であれば日本に帰国後ATMから返済するなどして、
繰り上げ返済できるケースも多いためキャッシングの金利負担も小さくて済みます。

トルコで両替するときにおすすめできるのは、
イスタンブールだとグランドバザールのように両替商が多数ひしめいているところでの両替です。

この場合、両替商も互いのレートを見ながらレートを提示しているため、
最もお得なレートで換金できる可能性が高いです。

トルコでは日本円からトルコリラへ直接両替できるため、
あえてドルやユーロを持っていく必要はありません。

ただ一時的に円高が急激に進んだ時などに、
FXなどを利用してドルに換金しておいて現地でトルコリラに換金するのは賢いやり方です。

トルコのお金と換金方法

トルコで使用されている通過の単位はトルコリラとよばれます。
投資に長けている人ならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

高金利で利益を出しやすいといわれるトルコリラですが、その分リスクもついてきます。

今人気なのはリスクをおさえるために1000通貨から取引ができる業者です。
是非参考にしてみてください。

さて、トルコ旅行へいくときですが、どうやってお金を持って行ったらいいでしょう。

まずトルコで使われているリラを日本国内で手に入れるのは難しいことなんです。

空港の両替所で両替できるところもありますが、レートはよくありません。

換金方法としては全くおすすめできません。

したがって両替するにしても最小限にしておきましょう。

そもそも日本のお金を持っていけば、現地でトルコ・リラに両替できます。


換金方法としてよいのは、
現地の空港に着いたときに設置されているATMでキャッシングすることです。

この方が日本で両替するよりもずっとレートがいいです。

従って出発前にあらかじめキャッシング枠のついたクレジットカードを作っておくといいでしょう。

さらにレートがいいのはグランドバザールなどにある私設の両替商で
日本円をトルコ・リラに両替することです。

ただこの場合注意しておかないといけないのは、
両替商ごとに違うレートを出していることと別途コミッションを取る両替商も中には、いることです。

この場合日本円を持参することになるためリスクがあります。

以上をまとめるとクレジットカードのキャッシングでトルコのお金を引き出すやり方と
レートのよい両替商を探して両替するやり方の併用がベストです。

またトルコのお金を日本に持って再両替するのはレートが悪くなるため、
余ったリラは現地で円に戻しておきましょう。

2015年12月10日

トルコへの旅行の注意点

turkey2.jpg

アジア・ヨーロッパの文化が交差し、
歴史的な遺産や自然遺産が数多く存在する国・トルコ。

イスタンブール、カッパドキアなどなど、さまざまな魅力的なスポットが多く、
ハネムーンや卒業旅行をはじめ、多くの人々が訪れる地です。

そんなトルコへ旅行する上で、注意点はどういったものがあるでしょうか。

まずは気になるお金。基本的にはUSドルを持っていくと便利です。

レートも良く、お土産屋さんでも使用できます。

コツとしては1ドル紙幣をたくさん持って行きましょう。

トルコでは、トルコリラという通貨が用いられていますが、
インフレが凄く桁が多いのが難点です。

また毎日変動が多いため、大きな金額を一気に両替せず少額を両替しましょう。

さらにFX(外国為替証拠金取引)という取引があります。
ちなみに外貨両替する場合、銀行とFXでは取引コストが安いです。
FXでオススメなのはsbiFXで、なんと取引単位が1通貨からできるそうです。

次に言葉に関してです。

トルコ語が公用語であるものの、大抵の観光地では英語が通じるため、
ツアーではなく個人旅行の場合は、英語が必須です。

注意点として、親しげに流暢な日本語で話しかけてくる人は、
大抵は客引きなので近づかないようにしましょう。

そして、ショッピングに関して。

意外にも値切りが存在する文化圏です。
電卓があれば話が通じるので必ず持参しましょう。

また、巨大都市・イスタンブールでの交通事情ですが、
車通りが多く道路をわたるのに一苦労するでしょう。

わたりたい時は、市民がわたる時に一緒にわたるのがベストでしょう。

バス・電車が発達しており、活用することでかなり効率良く観光地を巡ることができます。